スペック・使い方等

モットンの硬さ(ニュートン)の選び方【失敗しない全ポイント】

マットレスを購入する際にとっても重要なことの一つに硬さがあり、モットンのマットレスを購入する際にはその硬さを選ぶ必要があります。

モットンはどの硬さでも寝返りが打ちやすく、やわらかい素材と反発力に特化するよう開発されました。

しかしもちろんどれでも良いというわけではありません。

適切なマットレスの硬さを選ばないと、寝る時に不自然な姿勢で長時間眠ることになってしまうため、体に大きな負荷をかけることになります。

せっかく購入するのですから、自分にあった硬さを理解して購入しましょう。

モットンのウレタン素材の「ニュートン」は硬さを表す

モットンのマットレスを購入しようとすると、

  • シングル100N(かたい)
  • シングル140N(ふつう)
  • シングル170N(やわらかい)

の3つから選択するようになっています。

そもそもN(ニュートン)とは物体にかかる重力の大きさを表しています。

つまりここでは、マットレスが凹むのに必要な力を表しています。

N(ニュートン)の値が大きければ大きいほど硬いということです。

逆にN(ニュートン)の値が小さければ小さいほど柔らかいということです。

ちなみにモットン のマットレスは高反発ですが、低反発と高反発は以下のN(ニュートン)値で区切られています。

  • 低反発マットレス:100ニュートン未満
  • 高反発マットレス:100ニュートン以上

モットンの硬さ(反発力)はどれを選べば良い?

では自分はどの硬さがあっているのでしょうか?

それぞれの硬さにおいて、おすすめの人の特徴を紹介します。

あくまでこれは目安ですから個人差があります。

自分にあったマットレスの硬さは、実際に眠ってみなければわかりません。

たとえ自分に合わない硬さを選んでしまっても、モットンは1回までなら配送手数料(3942円)の負担で硬さの交換ができるので安心です。

もともと使用しているマットレスに不満があり、買い換えたいという人は、はじめにもともと使用していたマットレスの硬さ(ニュートン)を確認し、判断基準にすると良いです。

マットレスが届いた後は、以下の点を確認してみましょう。

  • 腰とマットレスの間に隙間はないか?
  • 横たわったときに底つき感がないか?
  • 楽に寝返りが打てるか?
  • 起床時に疲れや体の痛みがないか?

上記の点を少なくとも90日間は続けてみましょう。

あまりにも体に不調が生じる際には途中で使用をやめて、返金保証期間に入るまで待ちましょう。

100Nがおすすめの人

モットンのマットレスの中で一番やわらかいマットレスです。

公式サイトでは体重45kgまでの人におすすめしています。

さらにおすすめな人の特徴を挙げるとするならば、以下があります。

  • 3つのうちどの硬さを選ぶべきかわからない人
  • 硬めのマットレスが苦手な人
  • 長時間寝ることが多い

140Nがおすすめの人

高反発マットレスにおいて、一般的な硬さがこのマットレスです。

公式サイトでは体重46kg〜80kgまでの人におすすめしています。

その他にも、以下に当てはまる方は検討してみてください。

  • 初めて高反発マットレスの購入を考えている人
  • 100Nおよび170Nが合わなかった人
  • 腰痛持ちだが、やや柔らかめのマットレスがいい人

170Nがおすすめの人

モットンのマットレスの中で一番硬いマットレスです。

公式サイトでは体重81kg以上の人におすすめしています。

体重で当てはまらなくとも、以下の人におすすめです。

  • お子さんと眠る人
  • 腰痛持ちの人
  • 妊婦さん
  • 高齢者の人
  • 柔らかい寝心地のマットレスが苦手

 

 

モットンの口コミ・評判は本当か?【忖度なしで辛口評価】も合わせてご覧ください。